• ホーム
  • ドライアイが辛い!パソコン、エアコン、コンタクトなど原因別の改善方法

ドライアイが辛い!パソコン、エアコン、コンタクトなど原因別の改善方法

最近目がやたらに疲れるなどの症状を経験したことはないでしょうか。それは単なる眼精疲労でなく、ドライアイの可能性があります。ドライアイとは涙の分泌量が減少したり、涙の成分が変化することで発症する病気のことです。

この病気になると涙が行き渡らなくなったり、目の表面にキズがつくこともあり、最終的には視力低下などにもつながりかねない病気です。症状としては目が疲れるほか、モノがかすんで見えたり目に違和感を覚えるなどが代表的です。ドライアイは日本国内では推定で2200万人、実に5人に1人以上がかかる病気ですが、あまり認識が広がっていません。ただ高いリスクを抱えている方のタイプと言うのは存在し、例えばコンタクトレンズを常用している・パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器の長時間の使用やエアコンなどの空調を日常的に使用している方などが、特に注意が必要とされています。それではドライアイの改善方法にはどのような対策があるのか、原因別に検討して見ましょう。

コンタクトレンズは涙の膜の上に浮かんだ状態で視力矯正するレンズを装着するというものです。ところがコンタクトレンズは涙を吸い取ったり、涙が蒸発しやすくなり、ドライアイにもなりやすくなっています。原因としてコンタクトレンズが関係していると見られるときは、人工涙液を主要成分にした目薬をこまめにさすことが改善方法になります。意識的にまばたきをすることも目の乾燥を防止することになります。

パソコンやスマートフォンを長時間使用していると、まばたきの回数が著しく減少します。まばたきは涙を目の表面に行き渡らせるなどドライアイを防止するうえで、大事な機能を担っています。ぢスプレイ画面などに長時間集中していると、まばたきの数は4分の1程度に減少するとされているほどです。原因にパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器が関係しているときは、改善方法として画面を下向きにし、できるだけ節目がちな視線にすることと、定期的に目を休めるクールダウンの時間を設けることです。

快適な生活にエアコンの使用は必要不可欠です。しかし冷房にせよ暖房にせよエアコンを使用すると空気が乾燥ぎみになります。エアコンが原因でドライアイと想定されるときは改善方法として、気温だけでなく湿度にも注意をはらうことです。日常的にエアコンを使用するときには加湿器を使用するのも対策になります。エアコンの風が直接あたらないようにするのも乾燥を防止するのに効果的です。