• ホーム
  • 日焼けした後のアフターケアで肌へのダメージは軽減できる!おすすめのケア方法

日焼けした後のアフターケアで肌へのダメージは軽減できる!おすすめのケア方法

夏のレジャーで海岸などに出かけたときはもちろん、普段の生活の中でも紫外線を浴びる機会はいくらでもあります。海水浴などの後では赤く腫れ上がりいたみを感じることもしばしばなので、アフターケアの重要性に気づくでしょうが、特に自覚症状がないときでも日焼けを意識したケアに取り組むことは女性であれば誰もが気にかける問題のひとつです。それというのも紫外線を浴びることは、将来的にはシミやシワそばかすなどの解決の難しい肌トラブルの原因になるからです。紫外線対策、いわゆるUVケアの重要性を認識してはいても、すっかり忘れてしまっていることも多いのではないでしょうか。そこで日焼けによる肌へのダメージを小さくするためのアフターケアの方法について、検討してみましょう。

そもそも紫外線を浴びると、赤くはれて次第に黒ずんでいく過程をたどるのは、肌を守るために表皮の底にあるメラノサイト細胞がメラニン色素を生成するからです。肌を紫外線から保護するイミで、メラニン色素が増化するのは理にかなっていますが、適切なアフターケアを実践しないとメラニン色素が排出されないまま皮膚に留まり続け、色素沈着につながります。そこでまず実践してほしいのが、クールダウンすることです。日焼け後の肌は程度の差こそあれ、軽いやけどに近い状態になっています。つまり紫外線の影響で炎症を来たしているので、冷やすことがダメージ回復には有用です。冷やす方法としては、濡れタオルや保冷剤を利用するのが効果的です。ただし保冷剤をじかに肌に接触させるのは、刺激になるタオルなどに包んで優しくクールダウンすることがポイントです。

日焼け後のあとは、水分が蒸発し乾燥気味になっています。本来は水分を含んでいるはずの角質からも水分がうしなわれているので、クールダウンしたあとは保湿に心掛けるのも必要不可欠のアフターケアのひとつ。保湿には化粧水を使用し肌に水分を補給します。日焼け後の肌は敏感なので、化粧水を塗るときは、たたくように強く塗るようなことは逆効果です。やさしくていねいに馴染ませます。

化粧水を保湿のために活用するときは、少量では十分に行き渡りません。肌のコンディションが落ち着き急性の赤みやいたみなどがおちついても、しみやそばかすなどが後日出現してこないように予防ケアも大切です。シミやソバカスなどは中長期的に予防する必要が高いので、普段のスキンケアに美白効果のあるものをプラスするのが対策になります。