• ホーム
  • 緑内障治療薬「ケアプロスト」の先発薬は「ルミガン」、効果は同じく発揮される!

緑内障治療薬「ケアプロスト」の先発薬は「ルミガン」、効果は同じく発揮される!

きれいな目元

まつ毛が外見のイメージを形作るうえで、小さな部位でありながら他人に対する第一印象を大きく左右するのは確かです。即効性は期待できませんが駆る程度の期間、継続使用することで確実にまつ毛を力強く成長させて、発毛自体も促す効果を期待できるのが、まつ毛育毛剤です。

育毛剤といえば頭髪の抜け毛や薄毛の改善を目的にした治療薬などを想定する方も、いらっしゃるでしょう。頭髪の頭皮への育毛作用などを目的に開発された治療薬にしても、育毛剤にしても髪の毛の発毛環境を改善することを目的に開発されています。ところがまつ毛育毛剤は当初から、まつ毛の育毛効果を目指して開発されたものではありません。まつ毛育毛剤で代表的なルミガンは、当初は緑内障治療薬として開発販売され医療現場で使用されてきました。眼球内には水分が循環しており、一定の圧力が維持されています。この圧力を眼圧と言いますが、高血圧などの影響で眼圧が上昇傾向になる場合があります。眼圧が上昇すると眼球の奥にある視神経にダメージが加わり、やがては死滅していきます。その結果視野が欠損し、最終的には失明に至るのが緑内障です。ルミガンの有効成分ケアロブロストには眼球内の水分の流出を促進する作用があり、水分が現象することで眼圧の上昇が抑制される効果をもっています。その作用が緑内障治療薬に活用されてきたわけです。ところが点眼薬のルミガンを使用している患者のなかにまつ毛が増化する現象が観察されたことがきっかけで、まつ毛育毛剤として新たに開発されることになったわけです。

当時はまつ毛治療薬はルミガン以外に存在していなかったので、先発薬としての位置づけでした。その後は特許期間が切れたおかげでジェネリック医薬品も登場するに至っていますが、効果のほどは先発薬も後発薬も同じです。

ビューラーの使用しすぎや、付けまつ毛の脱着を繰り返すことでまつ毛が抜けてしまって、生えてきたとしても成長する前に抜けてしまうなどの症状もルミガンの使用で改善を期待できます。すぐれた育毛効果の秘密は、まつ毛の発毛サイクルを正常に回復させる点にあります。まつ毛は、数年間以上にわたる成長サイクルを持つ頭髪とは異なって、数ヶ月程度の臭気で生えては抜ける一連のサイクルを繰り返しています。これを毛周期といいますが、ルミガンの有効成分には、異常をきたした、まつ毛の毛周期を正常化させる効果をもっているので優れた育毛効果を発揮するわけです。